磁性流体シール

製品に関するお問い合わせ
ハードディスク装置の防塵対策や静電気対策として、累計7億台以上の出荷実績を有しています。

ハードディスク装置の防塵対策や静電気対策として、累計7億台以上の出荷実績を有しています

磁性流体シールとは

磁性流体シールは、故障率低減への解決策としてハードディスクに多数採用されており、歩留まり改善の解決策として各種生産設備にも応用されています。
ウェーハー搬送ロボットなど、クリーンルーム内で使用される設備の駆動部に磁性流体シールを装着することで、塵の発生を防止します。また、導電性磁性流体を使用すれば、静電気によりベアリングの腐蝕対策としても効果を発揮しています

磁性流体シール

応用例

  • ハードディスク用スピンドルモーター
  • ハードディスク用ピボットベアリング
  • クリーンルーム用設備駆動部
  • スキャナー用モーター
  • バーコードリーダー
  • 心乾燥機
  • 家電用モーター
ハードディスクへの応用例

構造

磁性流体シールは、磁性流体が磁場に反応する力を用い、リング状のマグネットをステンレスなどの強磁性材料で挟み込んだ磁気回路部品と組み合わせて使うことにより、磁性流体の液体Oリングをシャフト上に形成し、駆動部などから発生するゴミ、オイルミストなどのクリーンエリアへの浸入を防ぎます。

構造

形状

Pシール
Pシール
Zシール
Zシール
OZシール
OZシール
Uシール
Uシール

磁力に応答する液体材料「磁性流体」

1960年代、NASA(米国航空宇宙局)のプロジェクトにおいて、無重力下の宇宙空間でロケットエンジンにポンプなしで液体燃料を移送する技術が必要となり、磁力に応答する液体材料として磁性流体が開発されました。
磁性流体は、重力による沈降・分離、磁気的な凝集を起こすことがありません。その基本成分は、直径約10nmの磁性微粒子、界面活性剤、キャリアとなるベース液の3物質です。磁性微粒子をベース液に分散させるために、磁性微粒子を界面活性剤で被います。界面活性剤は極性を持っているため、同極同士が反発し合い、結果的にベース液中で磁性微粒子は凝集することなく、安定したコロイド溶液となります。

磁石に引き寄せられる磁性流体
PAGETOP