磁性流体とは?

最先端技術の結晶、磁石に反応する液体――「磁性流体」

磁性流体は、1960年代の初めに「宇宙空間の無重力状態の中で、宇宙船内部の液体燃料を送るにはどうすればよいか」というNASAのスペースプログラムのなかで開発された液体材料です。

磁性流体材料の原料は、磁性微粒子、界面活性剤、キャリアとなるベース液の3つの基本成分から構成されており、直径約100A(オングストローム)程度の極小微粒子であるマグネタイト(Fe3O4)のまわりを、凝集を防ぐ界面活性剤が被膜し、ベース液の中に安定的に分布したコロイド状の液体となっています。

このベース液の中において磁性微粒子は凝集や沈殿・分離することもなく、安定分散しており、この安定性は無重力の中や強磁場の中でも失われることはありません。

さらに「磁石に反応する液体」という特性をもつ磁性流体は、さまざまな産業用途で活用されるとともに、最先端技術の応用分野の研究においても重要な位置を占め、その将来に無限の可能性を秘めた有望な素材といえます。

使用製品例

PAGETOP